【暗記苦手な人向け】英単語を早く覚えるコツ | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

【暗記苦手な人向け】英単語を早く覚えるコツ

英単語を覚えるコツ

英単語、効率よく覚えれないかなーと思っている人多いんじゃないでしょうか。ここでは暗記苦手だけど英単語覚えたい人に向けて早く覚えるコツを紹介したいと思います。

 

世の中には暗記法というものがいくつも存在しますが、私のはそんな大それたものではなくて、誰でもできる単純なことだと思っています。ただ、暗記が得意な人には少し効率が悪くなるかもしれません。だから暗記苦手な方向けです。

 

何かを覚えるためには、見たり、聞いたり、話したり、書いたりする必要があります。

よくスペルを覚えるのにノートに10回20回と覚えるまで書きまくってた時期が私にもありました・・・。

昔はスタンダードだったあの書きまくる方法も覚えられないことはないんですけど、書くの大変じゃないですか?指疲れませんか・・・?(笑)

 

だから私は「書く」ことをやめました。

 

では「聞く」のはどうでしょうか?流行の聞き流しですね。

あれは単語を一気に覚えるという点ではダメです。

なぜか?それは、音声のスピードが遅いからです。1単語につき英語と日本語の再生に平均7秒かかったとしたら、2000語一通り聞くだけで3時間強かかります・・。3時間以上単語をひたすら耳元でささやかれたら確実に寝ます。いえ、10分以内に寝る気さえします。

 

だから私は「見る」ことを選びました。目からのインプットほど早い物は現時点では無いからです。

私が実践してきて一番良いと思った覚え方は、この「目で見て覚える」ことです。

 

見ただけで覚えられるのか?普通はこれだけだと難しいですよね。1回ちらっと見ただけでそれを明日も覚えていたのなら超人の領域です。

凡人の私たちは1回ではたりません。だから最低でも100回は見ましょう。

 

えー、と思ったかもしれませんが、やってみるとそんなに苦痛はありません。

そして、えー、と思ったとしたらその考えを改めたほうが良いと思います。覚えてる人たちはみんな当たり前のようにこれくらいの努力はしています。

 

さて、単語を一気に覚えるコツはここまで説明したとおりです。

特に意識しなければいけないのが「見る」と「反復」の2つの行為になります。とにかく短期間で頭に叩き込みたい場合はとても有効だと思います。

 

大体ですが、2000語くらいの単語帳であれば1周するのに1時間かかりません。慣れたら40分以下じゃないでしょうか。

もちろん1周目で全部は覚えていません。1周で覚えたら超人です。それこそ速読だとか脳○開発とか○○トレーニングとかそういう世界です(笑)

私は凡人なのでそんなことはできません。

1周してもほとんど覚えていないと思いますのでがっかりせずに余裕があれば2周目に行きましょう。

疲れていたら翌日頑張りましょう。やってみると分かるのですが、慣れていないうちは2000語見るだけでもかなり疲れます。そして覚えていないので、精神的に不安になります。

大丈夫なんだろうか・・・。時間だけを無駄にしているんじゃないだろうか・・・と。

でも安心して下さい。慣れると疲れは次第になくなり、単語を覚えようと意識して見ているので次第に覚え始めます。

 

何周くらいで覚え始めるかは人によると思いますが、私は20~30周くらいでなんか見たことある単語増えたなとか、訳をみなくてもこれはこういう意味だとか分かるようになりました。分かる単語があると訳を飛ばし始めるのでスピードも自然に上がっていきます。

特に名詞は覚えやすいですね。動詞は覚え難いですが、根気よくやるしかありません。

 

記憶するのに「大事なこと」があるのですが、分かるでしょうか。

実はこの方法ではその「大事なこと」を完全に置いてけぼりにしています。なぜかというと、短期間で大量に覚えるのに向かないと思っているからです。

 

記憶するのに大事なことというのは、「興味を持つこと」です。

人って興味を持ったことってすごく記憶に残りませんか?興味をもった人の名前だったら見ただけでも中々忘れませんよね?頭の中で自動反復されるからでしょうか。

 

私は英語に興味があるから単語覚えるのがはやいはずだ!

 

残念ながらそううまくいきません。一瞬で単語1つ1つに興味を持てれば別ですが・・・。普通無理ですよね。

だから興味を持つことはとりあえず捨てて、ひたすら見ます。見て覚えます。そしてこれを繰り返し反復!反復!毎日反復です。

 

こうして大量にざっくりと覚えた後、授業やビジネス、あるいは日常でその単語が出てきた時に思い出せたら完璧です!

しかもここで勝手に反復できてますよね。もっというとここで印象に残った(興味が持てた)はずです。

仮に、思い出せなかった、でも見たことはある、でも良いのです。ここで思い出せなかったくやしーと印象に残るので次はさらに忘れ難くなります。思い出せないからあとから調べようとか誰かに聞こうとしますよね。だから反復も同様にできます。

 

でもまったく見たことがないとどうでしょうか。何もありません。ゼロからです。

これってすごい効率悪いですよね。もちろん知らない単語なんてたくさん出てくるんですが、頻出単語には限りがあります。専門用語は専門用語としてどうしても必要ならばまた別の機会にまとめて覚えれば良いだけです。

だから、頻出単語はまとめて一気に覚えてしまいましょう。

 

ここまで話したとおり、見るだけの大量インプットは効果があると思えてきたのではないでしょうか。

実際私はやっています。まとめて単語覚えるのに聞いたり書いたりができなくなりました・・・(笑)

大量にインプットすると忘れるのもはやいですが、定期的な反復で維持することができます。

 

でも、ある程度まで行くと維持も必要ないと思います。単語を覚えたことで英文を読むようになったり、それこそ留学していたとしたら日常で英語のシャワーを浴びることになるので日々の生活で頻出単語は自動反復されていて、もはや忘れ難いものとなっているはずです。

忘れてしまったらその時1つずつ記憶に残していけば大丈夫なレベルになっているわけです。

 

このように、留学や海外勤務などのイベント前に、一度大量に詰め込んでおけば、あとはそれを反復する環境に身を置くだけでどんどん単語力がついていくはずです。

単語は言語の基本なので、知っていると知らないとでは本当に大きな差ができてしまいます。

単語帳は頻出単語2000~3000程度まで網羅すれば十分だと思います。

一度まとめて覚えてしまってから、実際の例文を書いたり読んだり発音したりする機会があれば、その単語を印象に残せるようになり、さらに忘れ難くなると思います。

 

さらに、目で見て覚える大量インプットをやってしばらく経つと驚くことがあります。

なんと、スペルを結構覚えてしまっています。意味だけでなく、英単語も見続けた結果、なんとなくスペルが分かるんですよね・・・。全部がそうとは言いませんが、大量に見ているおかげなのか分からなくても予測ができたり、ズバリ分かったりします。

 

是非、試してもらいたいおすすめの英単語を早く覚えるコツでした。

  • 関連記事