hurtとheartの発音の違い | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

hurtとheartの発音の違い

hurtとheartの発音の違いについての動画です。
発音が曖昧でも文脈から意味は分かると思いますが、自信を持って英語を使えるようになりたいなら、正しい発音はマスターしておきたいですよね。

出典:【hurt と heart 発音の違いをRock!】☆ IT英会話のNEW ☆

 

発音は動画の通り練習すれば完璧ですね!

せっかくなので、ここでは関連する頻出単語も見ていきたいと思います。

 

hurt,injure,woundの違い

全部傷つける系の動詞なのですが、何を傷つけるか、何で傷つけるのかなどによって使用単語が変わってきます。

それぞれ例文を見て覚えて行きましょう。

 

hurt:「(感情など)~を傷つける、~を怪我させる」

感情などが傷ついた時や、例えば歯が痛いや寝違えて首が痛い時など視覚的に見えないもの(?)のときはhurtを使います。

 

She hurt my feelings.

「彼女は私の心を傷つけた」

 

injure:「~を怪我させる」

擦り傷やアザ、出血など視覚的に分かるような怪我はinjureを使います。

 

You may injure yourself if you don’t drive carefully.

「安全運転をしないと怪我をします」

 

wound:「(武器などで)~を傷つける」

銃やナイフなど致命的に傷つく場合(行為に攻撃する)はwoundを使います。

 

The soldier was wounded in the war.

「戦争によって兵士は傷ついた」

 

全部、重要単語なので必ず覚えましょう。

 

ポイントを押えよう!

  • hurt:「(感情など)~を傷つける、~を怪我させる」
  • injure:「~を怪我させる」
  • wound:「(武器などで)~を傷つける」

 

  • 関連記事