congratulations onとcongratulations forの違いを理解しよう! | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

congratulations onとcongratulations forの違いを理解しよう!

congratulationsの後にはonやforなどの前置詞がきますが、それぞれ使い方が異なるのでその違いを見ていきましょう。

ただ、前置詞3年 冠詞8年と言われるほどなので、個人的にはあまり前置詞は難しく考えずにそういうものかと覚えてしまうのが良いと思います。

出典:「英会話」”congratulations on” vs. “congratulations for”

 

ここからは本編の補足をしていますので、動画を見て分からない点を補うように使ってください。

 

congratulations onとcongratulations forの違い

congratulations:「祝辞」

おめでとう!という意味ですね。

 

自分が知らなかった出来事などの場合は前置詞onを使います。

congratulations on [知らなかった出来事]

congratulations on your wedding.

congratulations on your baby.

congratulations on winning the lottery

 

一方、努力して成し遂げた出来事や動詞+ingの場合は前置詞forを使います。

congratulations for [成し遂げた出来事、動詞+ing]

congratulations for winning the game.

congratulations for finishing high school.

 

ここで注意点が1つ。

 

動詞+ingだからforになる!という覚え方だと、congratulations for winning the lotteryでも一見良いように思えますが、普通はこのように使わないたみいですね。

宝くじに当たったことを「努力して成し遂げた」とは一般的に言わないからでしょうか。これに努力している人も大勢いると思いますが・・・(笑)

 

さて、今回はcongratulationsの前置詞onとforについての違いを見てきました。

前置詞を使い慣れることは難しいですが、都度こういうのがあったなと思い出せるレベルで語彙を増やしていきたいですね。

 

ポイントを押えよう!

  • congratulations on [知らなかった出来事]
  • congratulations for [成し遂げた出来事、動詞+ing]

 

  • 関連記事