learnとstudyの違い | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

learnとstudyの違い

出典:英語英会話一日一言 Q723

 

I learned a lesson を訳してみましょう。簡単すぎますか?

必ず自分で訳してから本編の回答や下記内容を見て下さいね!

 

本編抜粋と補足

さて、皆さんどのように訳したでしょうか。次のように訳した方 -

 

「私は授業を学びました。」

 

残念!

 

I learned a lesson

「良い教訓になりました」

という意味でした。

詳しくは動画本編を確認してもらうとして、ここではlearnの意味するところを見ていきたいと思います。

 

learnは学ぶことを指しますが、studyも学ぶですよね?

これってどういう使い分けがあるんでしょうか。実は-----

 

study:学んではいるけど知識として身についたかどうかは不明。

learn:学んだ。知識として身についた!

 

詳しくはこちらが参考になります。

studyとlearnの違い 区別して使い分ける英単語

 

よって、今回のI learned a lessonは、「私は教訓を知識として身につけた」となります。(lesson:教訓)

今回も色々と勉強になるすばらしい動画でした。動画ではlearnedやlessonのLの発音についても紹介されています。

発音だけを集中的に学ぶのはとても効率が悪いので、こういう時にいっしょに覚えていくのが良いと思います。

読んで書いて声に出して覚えましょう。

 

ポイントを押えよう!

  • learn:学ぶ(知識として身に付く)
  • study:学ぶ(知識として身に付いたかは不明)

 

  • 関連記事