英文法:be動詞のisを使いこなそう! | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

英文法:be動詞のisを使いこなそう!

be動詞は英文法の学習で最初に習うことで、英語を進めて行くにあたって避けて通れない箇所ですね。

英文法の基本中の基本ですが、分かっているつもりになっていないでしょうか。

内容はやさしいですが、本質的なところを理解して進めていきましょう。

出典:やさしい英会話文法L1実践2(Be動詞の使い方:友達について話そう)

 

be動詞:isの使い方

主語 be動詞
I am
He

She

It

名詞(人や物の名前など)

is

was(過去形)

単数
You

We

They

are

were(過去形)

複数

be動詞は主語によって使うものが異なります。今回はis(過去形はwas)について見ていきたいと思います。

表中のとおりisが使えるのは主語が、He(彼), She(彼女), It(それ)の時と単数の人や物を指すときです。

 

それでは例文を見ていきましょう。

He is Jason.

「彼はジェイソンです。」

ここでbe動詞isの役割はなんだと思いますか?

そうです。isは彼とジェイソンを結びつけるもので、次のように考えることができます。

 

彼 = ジェイソン

 

このイコール部分にあたるのがisになります。

 

 

では次の例文を見ていきましょう。

Jason is from California.

「ジェイソンはカリフォルニア出身です。」

ジェイソンは人の名前で単数なのでisを使えます。トムでもアキラでもなんでもいいですよ!

ジェイソン = カリフォルニア出身ですね!

 

My younger brother is tall and slender.

「弟は背が高くてすらっとしています。」

弟は名詞なのでisが使えます。My sisterでももちろんいいです。

弟 = 背が高くてすらっとしている。

背が高い、すらっとしているなど人の状態をあらわしているものもイコールで結べます。

 

それではこういうのはどうでしょうか。

He is run.

「彼は走るです。」

彼  = 走るというのはおかしいですよね。正しくは・・・

He is runner.

「彼は走者(走る人)です。」

彼 = 走者ですね。

runは動詞で「走る」の意味です。主語=動詞のかたちはうまくいきません。runnerは名詞です。

 

be動詞で結び付けられるものは名詞(例:Jasonであったりrunnnerであったり)あるいは形容詞(例:tallやslenderなど状態をあらわすもの)です。

 

なるほど、ではcatは名詞なので

 

He is cat.

「彼は猫です。」

 

は大丈夫でしょうか。isの使い方は大丈夫です!でも、この場合正しくは

 

It is cat.

 

ですね。猫のことをHe(彼)とかShe(彼女)とは一般的には言わないようです。余談でした。

 

be動詞:isのポイントを押えよう!

  • be動詞のisは主語がHe,She,It,名詞(人や物の名前など)の時に使える。
  • be動詞のisはイコールと考える。
  • be動詞のisで結び付けられるものは名詞(He is Jason)であったり、状態をあらわす形容詞(He is tall)です。

 

  • 関連記事