可算名詞と不加算名詞(数えられない名詞)を区別しよう | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

可算名詞と不加算名詞(数えられない名詞)を区別しよう

可算名詞とは数えられる名詞のことで、不可算名詞とは数えられない名詞のことを指します。

例えば、可算名詞はapple(リンゴ),cat(猫),book(本)などぱっと見て数えられる名詞です。これらは複数形にすると後ろにsが付いて、apples,cats,booksとなりますね。

two apples:「リンゴ2つ」

many apples:「たくさんのリンゴ」

 

そして可算名詞の場合、単数の場合に冠詞(a,an)が付くことに注意しましょう。

an apple

a cat

a book

 

一方、不可算名詞はぱっと見ても数え方が分からないものです。例えばwater(水),sand(砂),butter(バター)などがあります。

これらはwaters,sands,buttersのように後ろに複数形のsが付くことはできません。

水を1つ、2つなんていう風には数えられませんよね。

でも、「水を1杯下さいー。」という場合は数えることができます。この場合はどうやって解釈すれば良いのかというと・・・

コップに入った水はその容器を数えることができるようになります。

 

コップ1杯の水はa glass of waterと言います。

 

友達とお店に入って「水を2つ下さい。」など日常でよく使いますよね。

この場合も水単体では数えられませんが、コップに入ることでコップ単位で何杯か数えることが出来ます。

 

two glasses of water please.

 

これはビールでもジュースでも同じで、コップに入る液体なら同じように使えますので覚えましょう!

出典:EK【#215】英会話と数えられない名詞の話-パンとピザ 4

 

不可算名詞の複数形

パンは数えられそうですが、実は数えられない名詞に分類されます。

エー、と思ったらとりあえずパンは数えられないと考えて読み進めましょう。

a lot of bread

a lot ofは数えられないものがたくさんある場合に使用します。(可算名詞のときはmanyでしたね!)

訳は「たくさんのパン」です。

 

a slice of bread

切られたパンはsliceを使います。

訳は「スライスされた1枚のパン」です。

 

a piece of bread

かたちのある一個(1つ)のパンはpieceを使います。

イメージとしてはロールパンでしょうか。

訳は「一個のパン」です。

 

ここまで読んで、パンが数えられないことが少し分かったでしょうか。

切るなどして加工されているパンは形があるので数えることができますが、加工前のパンは数えられませんよね。

これはパン以外にも使える根本的な考え方なので覚えておくと応用が効くと思います。

 

ポイントを押えよう!

  • 可算名詞はぱっと見数えられる名詞、不可算名詞はぱっと見数えられない名詞
  • 可算名詞の単数形(1つの場合)には冠詞(a,an)が付く。ex. an apple, a book
  • 可算名詞の複数形には後ろにsが付く。two apples, three books
  • 不可算名詞は可算名詞に変わることができる。a slice of bread, two slices of bread

 

  • 関連記事