ピザは切ると数え方が変わる!切る前と切った後の違い。 | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

ピザは切ると数え方が変わる!切る前と切った後の違い。

ピザは切る前と切った後で、言い方が変わります。また、ピザだけでなくホール物は同様に言い方が変わるので注意しましょう。

特に、ケーキの注文で単位を間違えるとホールごと買う羽目に・・・。

ここでは数え方の違いについて解説されている動画を紹介しています。

出典:ピザの数え方 【英会話フォービーYouTubeレッスン】

 

countable:「可算名詞」とuncountable:「不加算名詞」

 

動画の内容は理解できたでしょうか。ピザの数え方は分かりましたか?

How do we count?

「どのように数えますか?」

 

ピザはかたちが変わることで可算名詞(数えることが出来る名詞)にも不可算名詞(数えることが出来ない名詞)にもなります。

 

a piece of pizza (one piece of pizza)

a slice of pizza (one slice of pizza)

切ってあるピザは不可算名詞(数えられない)のでpiece ofやslice ofを使うということでした。

 

two pieces of pizza

two slices of pizza

2枚以上の場合は、複数形になります。pieceやsliceの後ろに複数形のsが付きます。

 

a pizza ( one pizza )

切っていない状態のピザは可算名詞(数えられる)ということでした。1枚ならa pizzaかone pizzaです。

a book,a dogなどと同じですね。

 

two pizzas

複数形も大丈夫ですね。pizzaの後ろにsが付いてpizzasになります。

books, dogsと同じですね。

 

これらはケーキやパイなどホール状のものは全部同じです。

切る前は可算名詞(数えられる)で切った後は不可算名詞(数えられない)になります。

ピザならまだしも、ケーキの一個をone cakeとa piece of cakeで間違えると大変ですね・・・。

 

実は以前も別の動画で紹介しました。数え方は基礎なのでこれからも何度か出てくるかもしれません。

忘れてしまった方は前回記事、可算名詞と不加算名詞(数えられない名詞)を区別しようをもう一度確認しておきましょう。

 

ケーキ一切れを何て言う?

 

 

a piece of cake. ですね。

 

余談ですが、イディオムでIt is a piece of cake!「楽勝だよ!」という言葉があります。

語源を調べたところ、ケーキ1切れくらいぺろりと食べられる、余裕だよ、楽勝だよ、ということらしいです。

 

ヘェー!と納得程度に。

 

でもこのイディオムを覚えておけば、a piece of~:「ひと切れの~」は覚えやすくなりますね!

 

 

ポイントを押えよう!

  • a piece of~:「ひと切れの~」
  • a slice of~:「一枚の~」

 

  • 関連記事