wantよりも丁寧!feel likeの使い方。ついでにfeelとの違いも。 | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

wantよりも丁寧!feel likeの使い方。ついでにfeelとの違いも。

初対面の人に「何食べますか?」とか「何したいですか?」とか聞かれた時にI want …「私は○○がほしい(したい)」と答えるのはストレートすぎるかもしれません。

遠慮気味というわけではありませんが、今はこんな気分かなと間接的に伝える方法としてfeel likeを使うとより丁寧に相手へ伝えることができます。

出典:Bizmates初級ビジネス英会話 Point 28 “feel like”

 

feel likeの使い方

I feel like Chinese food.

「私は中華料理が食べたいです」

feel likeは動詞として扱うことができて、後ろに目的語をとります。feel like Oのかたちになります。

Chinese food = 名詞なので、このかたちですね。

 

feel likeは「(飲食物)などが欲しい」の意味以外にも「~したい気がする」「~のような気がする」などあります。

 

いくつか例文を挙げます。

 

I feel like sleeping.「眠たい」

I feel like tired.「だるい」

I feel like crying.「泣きたい」

I feel like vomiting.「吐きたい」

I feel like a cold.「寒い」

 

ここで注目してもらいたい点は、どの例文も気分をあらわす時に使っています。

feel likeは「(飲食物など)が欲しい」以外に人の気分をあらわす時に頻繁に出てきます。

でも、よくよく考えてみると「飲みたい」「食べたい」などもその人の気分なので同じことですね。

もういっそのこと、feel likeは気分をあらわす動詞と覚えておきましょう。

 

あれ?でもfeel:「感じる」っていう動詞もありますよね。

feelとfeel likeに違いはあるんでしょうか。

I feel a coldでもいいんでしょうか。

 

feelとfeel likeの違い

まず、feel likeが後ろに目的語(名詞など)を取るのに対して、feel:「感じる」は後ろに補語(形容詞など)をとります。

つまり、次のようにかたちが違います。

 

feel like O

feel C

 

例文を挙げます。

 

I feel like a cold.

I feel cold.

 

どちらも「寒い」という気分をあらわしますが、正確にはそれぞれ異なります。

 

I feel like a cold:「寒い気がする」

I feel cold:「寒い」

 

I feel like a coldは、気がするだけで本当に寒いかは分かりません。一方

I feel coldは本当に寒いです。

 

feel likeとfeelの違いは本気度ですね。

「寒いカモー」はfeel likeで「マジ寒い」はfeelです。これで完璧。

 

ポイントを押えよう!

  • I want…ははっきりとした言い方。少し柔かく丁寧に言うならばI feel like…を使いましょう。
  • feelとfeel likeの違いは本気度。feelはマジ。feel likeはカモ。

 

  • 関連記事