これだけは知っておきたい英語の敬語表現。 | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

これだけは知っておきたい英語の敬語表現。

目上の方などに対して、日本語で言うところの敬語で英語を話したいと思ったことはないでしょうか。

英語に敬語はありませんが、より丁寧な言い方をすることができます。

友達に対しての言い方と目上の方に対しての言い方で英語を使い分けられるようになったら、ますます英語が上達すると思います!

ここでは丁寧な英語表現を覚えて使えるようになりましょう!

出典:無いけど有る!英語においての敬語

 

さて、動画では同じ単語であっても表情やトーンでも印象が変わってくるということでした。

Hello:「こんにちは」について言えば、丁寧な言い方は無いので、友達と目上の人では表情やトーンを変えて使い分けていると思います。日本語でも同じですよね。

また、sirやma’amを語尾に付けるととても紳士的な印象がありますね!

たとえば海外のホテルへ宿泊するとフロントなどが連呼していますね。

 

Good morning, sir(ma’am):「おはようございます」

Yes, sir(ma’am):「その通りです」

Certainly, sir(ma’am):「かしこまりました」

 

とても丁寧に扱われているようで、このように使われると気分が良いものです!

是非、適切なシーンでは活用していきたいです。

 

その他の丁寧な英語表現

当サイトでも過去にいくつか出てきているのでここで改めて紹介します。

 

1.want と feel like

I want to eat Italian food.「イタリア料理が食べたい」

よりも

I feel like Italian food.「イタリア料理の気分かな」

のほうが初対面や知人に対しては少し丁寧ですよね。という話でした。

※詳しくはwantよりも丁寧!feel likeの使い方。ついでにfeelとの違いも。を参照下さい。

 

2.Do you want と Would you like

Do you want a cup of coffee?「コーヒーいる?」

よりも

Would you like a cup of coffee?「コーヒーはいかがですか?」

のほうが丁寧ですね。

※詳しくはリスニングしてみよう!まさかの回答(笑)子供の将来の夢についてのインタビューを参照下さい。

 

3.go with と will have

今度は答える側です。

I’ll go with a coffee.「コーヒーほしいです」

よりも

I will have a coffee.「コーヒー下さい」

のほうが丁寧です。

※詳しくは飲み物を勧められた時のカジュアルな答え方とフォーマルな答え方を参照下さい。

 

4.Hmm? Sorry? Pardon me?

良く分からなかったことを聞き返す時の英語表現でも丁寧な言い方があります。

Hmm?「ん?」

Sorry?「ごめんなさい、なに?」

 

Pardon me?「もう一度言って頂けますか?」

※詳しくは英語の聞き返し方を参照下さい。

 

 

その他にも丁寧な言い方はありますので、順次紹介していきたいと思います!

  • 関連記事