リスニングしてみよう!自宅でパソコンが壊れた時の英会話 | 初心者向け英会話の勉強法 | 動画で学ぶ英会話

動画で学ぶ英会話

入門者・初級者向けの英会話動画を紹介。発音や口元の動きが分かるので英会話の上達に繋がります!

リスニングしてみよう!自宅でパソコンが壊れた時の英会話

日常会話のリスニングをしてみましょう!

少し早いと思っても、繰り返し聞けば耳が慣れてきます。

出典:No.161 パソコンが壊れる(ココネ 動画で英会話)

 

さて、ここでは重要単語や文法がいくつか出てきたので、これを中心に簡単な補足をしていきたいと思います。

 

補足

I was using it just like I always do.

「いつもどおり使っていただけ」

このlikeは前置詞のlike:「~ように」です。動詞のlike:「好き」ではありませんので注意しましょう。

 

Let me see.

「私に見せて」

使役動詞のLetですね。

使い方はLet O Cで「OにCさせる」でしたね。

詳しくは使役動詞letを使う!「私がやりましょうか?」手助けをするときのフレーズを参照下さい。

 

I think you just overloaded it.

「オーバーロードしただけだと思う」

I think ~で「~だと思う」ですね。

ここではyou just overloaded it:「あなたはそれをオーバーロードしただけ」だと思う、となります。

頻出するかたちなのでこのまま覚えてしまいましょう。

 

You had too many applications open at the same time.

「あなたはたくさんのアプリケーションを同時に開いた」

何気なくサラッと通り過ぎていませんか。

動詞の原型openの位置で、あれ?って思ったでしょうか。使役動詞のhaveですね。

 

haveにはたくさんの使い方があり、動詞の「持つ」以外にも完了形に用いられたり、今回のように使役動詞として用いられたりします。

使役動詞のhave:「~させる」have O C(動詞の原型)のかたちで用いられます。

今回は過去形なのでhad O Cです。

O = too many applications

C = open

ですね。よって、「たくさんのアプリケーションを開かせる(開く)」です。

 

Could you stick around just in case it freezes again?

また固まるのに備えて近くにいてくれる?

stick around:「そばにいる」

just in case:「~に備えて」

justを省略してin caseだけでも同じ意味で使われます。

 

  • 関連記事